01

3Dレーザースキャナー

弊社では、3Dレーザースキャナー・UAV・3DCAD・解析システム等の3次元の空間を表現するためのシステム全般を総称して3Dソリューションと呼び、それを活用することで計測・画像解析・点群処理等、さまざまな業務での3次元データを使用した提案を行っております。

3Dレーザースキャナーを使用することで、空間そのものを高精度の3次元点群データとして取得するため、点(ポイント)だけでなく面(サーフェス)での管理が可能となることから、幅広い用途で活用を進めています。


主な用途

●3次元計測
ICT施工における起工測量及び出来形計測

●文化財調査
文化財の3次元計測によるデジタルアーカイブ化、VRデータの作成

●構造物調査
メンテナンスにおける修復箇所の位置特定や形状の計測

●路面計測
道路の轍の形状の取得、メンテナンス時期の管理

●のり面計測
災害計測・形状変化やクラック等の経年変化の把握

●土量計算
土木工事における運土量の計算、採石場や処理場等での土量の算出

02

MMS

現在、紙ベースで作成された地図や調査書、設計図等を電子化し、情報を持たせるGIS(地理情報システム)の構築化が自治体や企業で行われており、さらにそのデータベースを利用した応用へと進化しています。弊社は、MMSで現況データや地図情報を映像化又は3次元化することにより、さらに視覚的に明確な情報を得るための提案を行っております。
GPS/IMU複合による車両の位置/姿勢計算と、搭載したセンサで計測したレーザデータ/カメラ画像により、車体動揺や路面傾斜によらず正確な道路地物の三次元位置計測を可能にする、高精度移動式三次元計測システムです。従来の現地測量ではなく、車載したレーザースキャナで計測を行うため、交通量の多い道路でも短時間にデータ取得がおこなえます。
(死角がある場合は現地調査が必要となる)


主な用途

道路改良設計に伴う測量
3次元地図作成
長距離観測
舗装調査(クラック調査)
建築物や架線記録
構造物の干渉確認
重機等使用時の架線干渉確認(事前調査)
沈下やひび割れ等の経年変化記録
道路や橋梁、トンネル内部調査
地下駐車場調査
建築物調査
高精度な道路台帳作成(各種台帳)

アウトプット

計測動画
無償ビューア
3Dデータ(座標点群)
各種帳票(紙ベース)
その他要求項目

メリット

通常では測量調査できない場所(交通量の多い道路等)で高精度なデータ取得が可能。
机上での測量が可能なため、現場作業の短縮。
連続した高精度な3Dデータであることから、視覚的確認が容易。
グーグルアースへの連動が可能。


03

UAVの活用

UAV(Unmanned Aerial Vehicle)とは、マルチコプター等を無人で飛行させる無人航空機のことです。弊社はこれを利用することで、航空写真の撮影や空からの視点での測量・調査を行います。
また、GNSSと3D画像解析システムを利用することで3次元点群データを作成できるため、さまざまな提案に利用が可能です。
※弊社は、安全のため運転技能講習を修了した技術スタッフにより徹底した管理体制で作業を行っています。


測量・調査での利用

技術スタッフが侵入困難な場所などでは、現地調査・計測に効果を発揮します。
・開発事業での事前調査(概略測量)
・災害時の調査
・インフラの点検業務
3D解析システムにより3次元図面を作成するなど、様々なアウトプットに対応しております。

航空写真の撮影

従来の空撮では困難であった高度50M以下での飛行ができることで、
臨場感溢れるダイナミックな映像を得ることができます。
また、GPSを利用することで定点の座標から撮影することが可能です。