株式会社 テイケイエンジニアリング

83X83N838A815B839383V838783b83g-2012-08-30-13.52.19.jpg

スクリーンショット-2012-08-30-13.31.33.jpg

MMS(モービル・モバイルシステム)

現在、紙ベースで作成された地図や調査書、設計図等を電子化し、情報を持たせるGIS(地理情報システム)の構築化が自治体や企業で行われており、さらにそのデータベースを利用した応用へと進化しています。弊社は、MMSで現況データや地図情報を映像化又は3次元化することにより、さらに視覚的に明確な情報を得るための提案を行っております。

高精度計測・座標点群での調査
スクリーンショット 2012-08-30 13.05.29.png

モービルマッピングシステム
高精度レーザースキャナと画像によるMMS
GPS/IMU複合による車両の位置/姿勢計算と、搭載したセンサで計測したレーザデータ/カメラ画像により、車体動揺や路面傾斜によらず正確な道路地物の三次元位置計測を可能にする、高精度移動式三次元計測システムです。従来の現地測量ではなく、車載したレーザースキャナで計測を行うため、交通量の多い道路でも短時間にデータ取得がおこなえます。
(死角がある場合は現地調査が必要となる)

主な用途

道路改良設計に伴う測量
3次元地図作成
長距離観測
舗装調査(クラック調査)
建築物や架線記録
構造物の干渉確認
重機等使用時の架線干渉確認(事前調査)
沈下やひび割れ等の経年変化記録
道路や橋梁、トンネル内部調査
地下駐車場調査
建築物調査
高精度な道路台帳作成(各種台帳)

アウトプット

計測動画、無償ビューア、3Dデータ(座標点群)、各種帳票(紙ベース)、その他要求項目

スクリーンショット 2012-08-30 13.13.15.png

メリット

通常では測量調査できない場所(交通量の多い道路等)で高精度なデータ取得が可能。
机上での測量が可能なため、現場作業の短縮。
連続した高精度な3Dデータであることから、視覚的確認が容易。
グーグルアースへの連動が可能。

mms_01.jpg車両上部2010.07.06 MMSデモ状況 001.jpgMMS車両2010.07.06 MMSデモ状況 004.jpg車両内部2010.07.06 MMSデモ状況 008.jpgデモ及び説明会in下関

画像計測・管理調査・空間レビュ-
スクリーンショット 2012-08-30 13.20.06.png

モバイルマッピングシステム(IP-S2 Lite)
空間画像データ解析によるMMS
画像のみによる簡便な計測を可能とするモバイルマッピング(MMS)として3D移動体計測のポートフォリオを形成します。
デジタルデータによる基盤地図情報の整備が進むなか、同様にデータ化された都市計画図、土地利用図から防災、治安、交通安全、環境保全、さらにはサービスコンテンツ等にいたるまで、これらの情報を組み合わせて利用する地理空間情報の形成をおこないます。

主な用途

景観調査データ取得(看板調査)
360°画像処理データ取得
道路の視距確認
道路標識調査
観光マップ等での利用
建築物や架線記録
道路周辺構造物の把握確認
道路台帳作成(各種台帳)
CGでのシュミレーション

アウトプット

360°画像処理データ、GISデータ、各種帳票(紙ベース)、その他要求項目

スクリーンショット 2012-08-30 13.25.01.png



メリット

通常では測量調査できない場所(交通量の多い道路等)で高精度なデータ取得が可能。
机上での測量が可能なため、現場作業の短縮。
連続した高精度な3Dデータであることから、視覚的確認が容易。
グーグルアースへの連動が可能。
現場作業の短縮
連続した映像データであることから、視覚的確認が容易である。
グーグルストリートビュー的な視覚確認が可能。
ArcGISにより用途に応じたGIS構築が可能。
(ESRI社製GISソフトArcGIS+ベースマップ+エクステンションが必要)

測量部門

近年、測量機器や技術の発展は目覚しいものがあり、公共測量等では単純に〚測る〛という基本的業務だけに留まりません。その中で、いち早く先端技術に対応することにより、測量のニーズに精度の高い技術提供を心がけています。

調査・GIS部門

設計業務で必要となるデータ調査の他、インフラのアセットマネジメントにともなう調査や、特殊地下壕の実態調査など、要求に応じた業務を行います。また、調査データを基に、地理情報システム(GIS)を利用したデータ解析・抽出・構築に対応します。

建設コンサルタント部門

公共事業での道路・下水道・港湾等の設計業務のほか、宅地造成・商業開発・林地開発等の事業や工事承認に伴う設計図書の作成など、公共事業から開発事業まで、あらゆるフィールドでの提案を行なっています。

建設サービス部門

公共事業や開発事業の建設プロジェクトに参画し、工事測量、建設プロセス管理、品質管理、出来形管理など、建設関連業務のアウトソーシングを担います。

MMS

MMSで現況データや地図情報を映像化又は3次元化することにより、さらに視覚的に明確な情報を得るための提案を行っております。

UAVの活用

UAV(Unmanned Aerial Vehicle)を利用した空撮、調査・計測を行います。上空からの視点でダイナミックな画像の取得が可能となることから、他ジャンルにわたる要望に対応できます。

3Dソリューションの活用

3Dレーザースキャナー・UAV等を利用して高精度な3次元点群データの計測を行い、3Dデータ運用システムにより、インフラ等の調査や3次元での設計・計画提案等に活用します。BIMからCIMまで広範囲な作業に対応します。