株式会社 テイケイエンジニアリング

83X83N838A815B839383V838783b83g-2012-08-30-13.52.19.jpg

DJI00212-1.png

UAV (Unmanned Aerial Vehicle) 無人航空機

UAV.jpg

UAV(Unmanned Aerial Vehicle)とは、マルチコプター等を無人で飛行させる無人航空機のことです。弊社はこれを利用することで、航空写真の撮影や空からの視点での測量・調査を行います。
また、GNSSと3D画像解析システムを利用することで3次元点群データを作成できるため、さまざまな提案に利用が可能です。
※弊社は、安全のため運転技能講習を修了した技術スタッフにより徹底した管理体制で作業を行っています。

◎UAVを利用して公共残土処理場建設事業の進捗状況を動画で撮影した事例


・動画で概況の確認
・航空写真の撮影
・3D画像処理
・点群座標データの抽出
・土量計算により事業の進捗率を確認

舟郡ダム2.jpg
※3Dモデルデータを画像処理しております。

測量・調査での利用

技術スタッフが侵入困難な場所などでは、現地調査・計測に効果を発揮します。

  • ・開発事業での事前調査(概略測量)
  • ・災害時の調査
  • ・インフラの点検業務

3D解析システムにより3次元図面を作成するなど、さまざまなアウトプットに対応しております。


航空写真の撮影

従来の空撮では困難であった高度50M以下での飛行ができることで、臨場感溢れるダイナミックな映像を得ることができます。
また、GPSを利用することで、定点の座標から撮影することが可能です。

DJI00036.png
※開発事業の状況写真

DJI00188 (640x480).jpg人工島の状況を空撮

DJI00036.png開発事業の空撮

DJI00207 (640x480).jpg陸上競技場の空撮

2 (640x480).jpg完成後の治山ダムの空撮

_MG_9599.jpgダムの現況を空撮

舟郡ダム2.jpg3D解析後データ

測量部門

近年、測量機器や技術の発展は目覚しいものがあり、公共測量等では単純に〚測る〛という基本的業務だけに留まりません。その中で、いち早く先端技術に対応することにより、測量のニーズに精度の高い技術提供を心がけています。

調査・GIS部門

設計業務で必要となるデータ調査の他、インフラのアセットマネジメントにともなう調査や、特殊地下壕の実態調査など、要求に応じた業務を行います。また、調査データを基に、地理情報システム(GIS)を利用したデータ解析・抽出・構築に対応します。

建設コンサルタント部門

公共事業での道路・下水道・港湾等の設計業務のほか、宅地造成・商業開発・林地開発等の事業や工事承認に伴う設計図書の作成など、公共事業から開発事業まで、あらゆるフィールドでの提案を行なっています。

建設サービス部門

公共事業や開発事業の建設プロジェクトに参画し、工事測量、建設プロセス管理、品質管理、出来形管理など、建設関連業務のアウトソーシングを担います。

MMS

MMSで現況データや地図情報を映像化又は3次元化することにより、さらに視覚的に明確な情報を得るための提案を行っております。

UAVの活用

UAV(Unmanned Aerial Vehicle)を利用した空撮、調査・計測を行います。上空からの視点でダイナミックな画像の取得が可能となることから、他ジャンルにわたる要望に対応できます。

3Dソリューションの活用

3Dレーザースキャナー・UAV等を利用して高精度な3次元点群データの計測を行い、3Dデータ運用システムにより、インフラ等の調査や3次元での設計・計画提案等に活用します。BIMからCIMまで広範囲な作業に対応します。